川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ASUSから発売のFonepadの紹介ページ、「デキるオトナのFonepad」

新キャラ、スマート女子・佐藤さん登場の第2弾、紹介ページでは3話分公開されているので第1弾の時と同様にこちらでもそれぞれのイラストだけ載せておこうかと思います。当然、イラストだけ見ても内容はわからないので内容は紹介ページの方で改めてご覧下さい。
(画像クリックで拡大します)

第1話のイラスト
d0114798_18203627.jpg

d0114798_18223249.jpg

第2話のイラスト
d0114798_1821025.jpg

d0114798_18211381.jpg

第3話のイラスト
d0114798_18213027.jpg

d0114798_18213954.jpg

[PR]
by tarbokawasaki | 2014-02-12 18:24 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
またしても間が空いてしまいました。しかも結構前の連載ものなんですが後6回ほどおつきあい下さい。
d0114798_17564031.jpg

『Number』(文藝春秋)での連載「まいど!関西スポーツ調査隊。」の第19回目です。
d0114798_17574879.jpg

「関西でアメフト熱が高い理由とは?」を有馬隼人選手に聞いているということですね。

調査隊の方はアメフトのユニフォームで。犬は走りづらいだろこれ。
d0114798_1759396.jpg

[PR]
by tarbokawasaki | 2014-02-12 17:59 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
d0114798_253075.jpg

過去2度ほどやらせてもらっている大好きな劇団、MONO第41回公演『のぞき穴、哀愁』の宣伝ビジュアルをまたやらせてもらっております。2月15日が初日です。

過去2回はアナログ=パステルで描きましたが今回はデジタル=Painter、ですがやってることは同じです。MONOの持つおかしみ、どこか怪しく滑稽だけど悲しくて笑える世界観はデジタルもアナログも関係なく表現出来たかなと思います。

聞いた話では舞台の見た目もかなり変わった感じのようなんで僕自身も観劇するのが楽しみです。
[PR]
by tarbokawasaki | 2014-02-11 02:08 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

寒中お見舞い

d0114798_12281082.jpg

先週末にやっと寒中お見舞いを出せました。

慣例では1月5日〜2月4日までに送るもんらしいのでギリ間に合いました。今年は夏あたりから年賀状の準備しないとな…(って毎年思ってやってない)。
[PR]
by tarbokawasaki | 2014-02-05 12:29 | ●日常 | Comments(0)
d0114798_15151086.jpg

ライター増山かおりさんの初著書『JR中央線あるある』発売記念無料トークショー&サイン会に参加します。下に詳細告知を貼りますが読むのめんどいーって方に簡単にざっくり伝えますと

八重洲ブックセンター本店8Fギャラリーにて2月9日(日)14時から中央線になじみある漫画家、古泉智浩さん、羽生生純さん、なかむらみつのりさん、川崎タカオで中央線関係の何かを喋ったりホワイトボードに描いたり、というトークイベントです。

参加費無料、80名定員で〆切るそうですが当日参加でも大丈夫な気もします。確実に、という方は予約の方を!

当日は僕の著書『きまぐれな輝き』『待ちぼうけ紳士』も置かれるので買って頂いた方にはサインさせて頂きます(その場で買って頂いた方のみで、色紙グッズなどには出来ません)。

ってことで詳細読んでやるわ!って方は以下、どーぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎JR中央線あるあるトーク&サイン会

『JR中央線あるある』(TOブックス) 刊行記念
オレンジ色の車体でおなじみ、JR中央線車窓の気になる風景や、沿線に住む人々の人間模様、駅や電車にまつわる雑学まで中央線ユーザーなら思わず「あるある!」とうなずいてしまうネタを詰め込んだ『JR中央線あるある』の刊行を記念して著者の増山かおりさんと、中央線を拠点に活動している4名のマンガ家さんによるトークショー&サイン会を行います。中央線を舞台に生まれたあの作品の秘密や、「中央線文化」の正しいこじらせ方まで東京~高尾間の53.1kmに渡る日本一ディープなエリアの魅力に迫る一時間!

日時:2014年2月9日 (日) 14時00分~(開場:13時30分)
会場:八重洲ブックセンター 本店 8F ギャラリー
参加費:無料
募集人員:80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、1階サービスカウンターまでお持ちください。申込書は同カウンターにご用意してございます。また、お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)
主催:八重洲ブックセンター   協賛:(株)ティー・オーエンタテインメント(TOブックス)


《講演者紹介》
増山かおり(ますやま かおり)
〈ライター〉 「JR中央線あるある」著者。『週刊SPA!』『るるぶ』『散歩の達人』等に寄稿。高円寺のフリーペーパー『SHOW-OFF』にて「高円寺ダンディー」を連載中。
 
川崎タカオ(かわさき たかお)
〈漫画家〉 イラストレーター&たまに漫画家。著書に「へたれチキン」「きまぐれな輝き」「待ちぼうけ紳士」。
 
古泉智浩(こいずみ ともひろ)
〈漫画家〉 コミックビーム『悪魔を憐れむ唄』連載中。池袋コミュニティカレッジにて池袋マンガ教室開催中。著書に、『青春★金属 バット』。
 
羽生生純(はにゅにゅう じゅん)
〈漫画家〉 主な著作物に『恋の門』『俺は生ガンダム』『青(オールー)』『千九人童子ノ件』『いってミヨーンやってミヨーン』『無法使いアッポちゃん』。
 
なかむらみつのり
〈漫画家〉 1999年ヤングマガジンギャグ大賞 優秀賞受賞「ハゲ60W」にてデビュー。代表作「びんぼうまんが家!都内で月3万の3DKに住んでます」「出版業界すっとこ編集列伝」。
 
企画/司会…テリー植田
東京カルチャーカルチャー・プロデューサー
高円寺タウンマガジンSHOW-OFF編集部
 
※講演会終了後、会場にて書籍をご購入いただいたお客様を対象にサイン会を実施いたします。(当日販売する「JR中央線あるある」及び漫画家の方の関連書籍に限ります。お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)
[PR]
by tarbokawasaki | 2014-02-01 15:19 | ●イベント | Comments(0)