川崎タカオ(川崎貴男)という名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0114798_2494436.jpg

『Number』(文藝春秋)での連載「まいど!関西スポーツ調査隊。」の第16回目です。

「大物が去った在坂球団のこれからは?」ということで濱中治さんが過去在籍した球団を振り返るのでセピア色な古い写真な感じで。
d0114798_2525155.jpg

調査隊。過去のユニフォームで。過去を振り返るのは良かったり悪かったりしますね(雑)
d0114798_253322.jpg

[PR]
by tarbokawasaki | 2013-08-22 02:53 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
アウトドアグッス専門店『ロゴス』の商品用のポップ&雑誌広告のイラストを描かせてもらってます。もう店内に飾られてるかどうか…ロゴスは都内にないで自分で確認できないのですが多分あるかと思います。

暑苦しい絵ですが水筒&首回りを冷やす商品。男性のイメージは松岡修造、女性は剛力彩芽です。犬は個人的好みで入れてます。意味無し!
(画像はクリックで拡大)
d0114798_23172280.jpg

雑誌広告はこんな感じ。
d0114798_23174235.jpg

実物は横1mほどあって中々のでかさ。カメラに納められません。
d0114798_23181247.jpg


ちなみにこの仕事は昔っからお世話になっているライターの唐澤和也さんからのものですが、唐澤さんがWEBマガジンの編集長をやられてて、その縁で登山を始めたという話を聞いたのが去年の11月くらい。実はその年の5月に僕は図らずも香港で山を登って登山にも誘われてたので久々にお会いした唐澤さんから登山話が出た時「山が呼んでいる…」と感じ(いやほんとに)、結果今年は筑波山、三頭山、川乗山と登って今週はいよいよ北アルプス燕岳に登ります。登りつめたなー。
[PR]
by tarbokawasaki | 2013-08-12 23:21 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
d0114798_0225390.jpg

8月10日発売の『東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本』(産業編集センター)という本でモノクロイラストを10点描かせてもらっております。表紙やタイトルまんまでスカイツリーを撮影してる人のみに特化したおかしくもほのぼのとした本です。表紙からして微笑ましい。

こちらでダイジェスト映像も見られます。珍しいですね〜こういうの。凝ってるなぁ。

すごいのはこの本、僕のイラスト内と裏表紙以外にスカイツリーが映ってないという徹底ぶり。著者の太田友嗣さんは現在エイベックスエンテタイメントに所属しながらこの企画を自ら立ち上げ、売り込んで形にしたという情熱っぷり。で、僕はこの本の中で「こんなカメラマンは困る! 業平昇(なりひらのぼる)」というコーナーで迷惑な撮影者のイラストを描いています。

その一部ですがこんな感じとか
d0114798_023339.jpg

こんな感じとか。
d0114798_0234693.jpg

ちなみに上の絵は僕が最も影響を受けたイラストレーターマー関口さんの「罠師」という絵へのオマージュにしてみたんですが、ちょっとその絵のポストカードが見つからないので…ご存知の方は「あ〜はいはい」と思って下さい。

で、この発注はイラストコーナーが欲しいがボンヤリしたイメージしか…という太田さんがたまたま本屋で拙著『きまぐれな輝き』の表紙を見て、これだ!と思って連絡をくれたものでした。
d0114798_026459.jpg

この漫画の表紙のおっさんをそのまま採用しています(「業平昇」という命名は太田さん)。

しかも『きまぐれな輝き』を見てサイトにアクセスしたら文字化けしてるのにそれでもブログ等のチェックもしてくれて発注に至ったそうで、ほんとに嬉しく、ありがたいです。そしてはやくリニューアルしろや!って自分に言い聞かせました。やりますやります、すいません。

そんなわけで僕も精一杯インパクトのある絵を…と思って描きましたが写真がどれもこれも面白いので良い具合に溶け込んでるかもしれません。というわけでこの本を見ればまた新たなスカイツリー観光を楽しめると思いますんでぜひ!というか俺はまだスカイツリー行ってない!
[PR]
by tarbokawasaki | 2013-08-07 00:28 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
「特選小説」(綜合図書)という高年齢男性向けの官能小説誌でやっている「解いてムラムラ!」という間違い探しのイラスト(多分)第4回です。「食とエロ」がテーマ。
d0114798_1471954.jpg

今回は(も)くだらない。女体回転寿司。こんなAVあったような無かったような。中にいる寿司職人の意味の無さよ。そりゃ嫌な顔もします。

もう一つは学習誌『高1My Vision』(ベネッセコーポレーション)の「夏だ!モテよう!読書しよう! 真夏の究極モテ本」という特集の扉絵です。
d0114798_1423758.jpg

僕がよく描く紳士風で高校生を…ってことで描いてみたらこんな高校生うるか?って感じに。でも実際の高校生の方がもうちょい老けてるような気もしますね。

で、せっかくなんで以下、僕の読書感想文を。↓

読書感想文、長いですが。
[PR]
by tarbokawasaki | 2013-08-06 01:45 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
月が変わって今更になっちゃいますが先月、漫画家の古泉智浩さんと映画の感想を語るポッドキャスト「三平映画館」の特別編で「三平映画館・特別編 2013年上半期ベスト10」のユーストリーム中継を豪華ゲスト・菱沼康介監督をお迎えして、阿佐ヶ谷は「よるのひるね」からお送りしました。

ユーストリームのアーカイブはこちら。

ポッドキャストはこちらから。

ちなみに僕の上半期ベスト10はこちら。

1・ライジング・ドラゴン
2・10人の泥棒たち
3・みなさん、さようなら
4・シュガー・ラッシュ
5・恋の渦
6・世界にひとつのプレイブック
7・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
8・建築学概論
9・きっと、うまくいく
10・ライフ・オブ・パイ


それ以外では「テッド」「フラッシュ・バック・メモリーズ3D」「セデック・バレ」「殺人の告白」「ルーパー/LOOPER」

って感じですねー。去年の「ハロー!?ゴースト」級のにはまだ出会ってませんが、7月の時点で面白いものも幾つかありました。残りの下半期、僕の渇ききった心を潤わし震わす映画に出会えるか楽しみでございます。
[PR]
by tarbokawasaki | 2013-08-04 03:28 | ●映画や演劇 | Comments(0)