川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0114798_122627.jpg

ニキビケアで有名なproactivの会報誌「ACTIV!」というオシャレな冊子で仕事させてもらいました。上部の表紙イラストは僕じゃないですよ。ニキビ懐かしいなぁ。

オシャレな、気取って言えばシャレオツな媒体なんで僕自身もシャレオツな仕事を心がけてみました。センスが問われますからね、こういうのは。いかがでしょうか?




d0114798_1213543.jpg

d0114798_1194134.jpg

d0114798_119499.jpg

d0114798_120060.jpg



結果いつも通りに…オシャレってなんですかね?
[PR]
by tarbokawasaki | 2012-02-28 01:24 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
d0114798_15353833.jpg

去年作った自主制作本『鳥や宇宙人』ですが、去年から置いてもらっているタコシェに加えてヴィレッジヴァンガード下北沢店にも置いてもらうことになりました。ヴィレヴァンの方は10冊ほどサイン入りで置いてもらってます。こんな感じ。
d0114798_153614.jpg

『レコスケくん』のレコスケとその頭の上にのるトリのパクリみたいな絵になっちゃってますね…すいません!

あと現在ブックギャラリーポポタムで開催中の『山田花子回顧祭』でも置いてもらってます。こちらもサイン入り。展覧会終了後も継続して置いてもらう予定です。

ヴィレッジヴァンガードは他にも店舗があるので徐々に置いてもらうとこを増やしていく予定です。あと他の店も出来たら。

で、中身をちょこっと紹介します。が、この本、24P・1色の4コマ集(価格・500円)という薄め本なんで小出しに小出しに中身紹介です。

d0114798_15365662.jpg

d0114798_15371066.jpg

d0114798_15372059.jpg


見かけたらよろしくどうぞー。
[PR]
by tarbokawasaki | 2012-02-15 15:42 | ●漫画 | Comments(0)
『私の龍馬イラスト展inお江戸』先週の日曜で終わってましたね…ご来場頂いた皆さんありがとうございました。

僕はこんな絵を出品しました。
d0114798_23213583.jpg

龍馬が夜明けを見ながらラーメンを…。夜明けのラーメンって旨そうですよね。季節によりますが。後ろには龍馬の「龍」と「馬」が混合した架空の動物、命名『リューマ』を描いてみました。意味はないぜよ!
[PR]
by tarbokawasaki | 2012-02-14 23:25 | ●イベント | Comments(0)
d0114798_16432143.jpg

現在発売中の「別冊映画秘宝 80年代ガキTV&シネマ大百科」で80年代の長渕ドラマについて文章を書かせてもらいました。僕の14歳の頃のお恥ずかしい写真もあります(P.74)。こう見えて…ってどう見えてるかわかりませんが、小学校高学年〜中学生まで(まさに80年代の終わり頃)は長渕にハマってたんすよね〜。CDアルバムも後追いで全部集めたりして。コンサートとかは行かなかったんですが。

この本見てると懐かしくなりますね。JACの映画をリアルタイムで観られたのも良かったなぁ。僕が執筆しているくらいなんでライター以外の方の執筆も多く「三平映画館」メイトの古泉智浩さんや花くまゆうさくさんも執筆されております。

本屋で目立つ表紙なんで僕と同世代の方々は買いですよー。
[PR]
by tarbokawasaki | 2012-02-10 16:45 | ●映画や演劇 | Comments(0)
d0114798_1812247.jpg

現在開催中『私の龍馬イラスト展inお江戸』に引き続き、来週2月10日(金)から始まる『山田花子回顧祭』に参加させて頂きます。

他の追随を許さないほどに自分や他者の行動を自虐的にしかもギャグてんこ盛りで描いていた山田花子さんの没後20年になるそうです。僕は直接影響を受けてる…ってことはないんですが、あの時代当たり前のように読んでたし多分単行本を全部持ってると思います。今エッセイコミックブームですが、山田花子さんが生きてたとしても多分浮く気がしますよね。ぬるーいエッセイじゃないですからねー(笑える部分も多々あるんですが)。影響を受けた作家は多いでしょうけど「似た作家」が出てこない、ってのがいかに個性的で異端であったかを物語るような。

で、オマージュ作家として参加するんですが、告知してる現時点では正直まだ描けてません…難しいなー漫画作品へのオマージュって…。

山田花子さんのマンガ原稿・遺品展示、古本販売、その他オマージュ作品展示・販売もあるようなのでお時間ありましたらぜひどうぞ。

以下、詳細です。
_________________________________________
●山田花子回顧祭

誰しも思い当たるであろう人間関係における抑圧・差別意識・疎外感をテーマにこの世の矛盾を問い続け、1992年、24歳で自死したマンガ家・山田花子。没後20年にあたる2012年、山田花子回顧展を目白のブックギャラリーポポタムにて開催いたします。
当展覧会ではマンガ原稿・カラー原画の他、生前親しんでいた本や音源、趣味の小物などの遺品を展示し(一部販売)、山田花子の世界観を知る一助になればと考えております。
また今回は本人の作品だけでなく、山田花子作品を通過してきた現在活躍中の次世代作家、そして山田花子が尊敬していた二大先輩作家によるオマージュ作品の展示・販売もいたします。この貴重な機会にぜひ足をお運び下さい。

●〈オマージュ作品参加作家〉
川崎タカオ、後藤友香、古泉智浩、磋藤にゅすけ、鈴木詩子、世良田美波、田中六大、のざきまいこ(かなまち京成)、堀道広、藤枝奈己絵、村岡マサヒロ

〈ゲスト参加〉
丸尾末広、根本敬

●会期/2012年2月10日(金)〜2月18日(土) 入場無料
12〜19時(最終日は17時まで)・13日(月)休廊

会場/ブックギャラリーポポタム
東京都豊島区西池袋2-15-17
JR目白駅より徒歩7分、JR・地下鉄・西武・東武池袋より9分

電話:03-5952-0114
_________________________________________
[PR]
by tarbokawasaki | 2012-02-01 18:14 | ●イベント | Comments(0)