川崎タカオ(川崎貴男)という名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

待ちぼうけ紳士14

d0114798_16324056.jpg

『アックス Vol.74』(青林工藝舎)にて『待ちぼうけ紳士14』12P描いてます。諸事情あって2回休んだんで2号ぶり、4ヶ月ぶりになります。今年頭にちょっと体調悪くして、公園でウォーキングなど始めた状態でネタ考えて描いたせいか妙に牧歌的な部分もあったりなかったりするかもしれません。これまでよりも線を丁寧に描いてみましたが、あまり違いはわかりませんかね。そろそろ終盤に近づいてるせいか、妙に寂しさと虚しさに支配されてる感もあるなぁ。僕自身のそういうのが出ちゃってるだけかも。

今回はついに斎藤裕之介さん特集。シャイであるがゆえに照れ隠しで漫画に巨大なパイオツやポコチンを描くという作家・斎藤。昨年「コミティア」というイベントに青林工藝舎が参加した際の打ち上げで、朝の8時まで残ったのが僕と堀さんと斎藤さんの3人でした。ダウナーに酔ってる上に、もうすでに話すこともなく、新宿の居酒屋「海峡」にて3人が3人とも「あしたのジョー」の最終回みたいな状態になっていたのも今は良い思い出…というかまぁ普通の思い出か…。シャイでタフ、そしてスキっ歯な男、それが斎藤という男、という特集です(適当)。

以下、アックス Vol.74もろもろ
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-29 16:31 | Comments(2)

『ザ・万遊記』

d0114798_12572112.jpg

『ザ・万遊記』(集英社)、『鹿男あおによし』『鴨川ホルモー』でおなじみ、万城目学さんのエッセイ集です。

以前『ダ・ヴィンチ』誌にて「今月の渡辺篤史」というタイトルで毎月ひたすら「渡辺篤史のお宅探訪」について書かれたエッセイの挿絵をやらせてもらってたんですが、毎回渡辺篤史が出てきて(当たり前)まぁまぁ大変だったんですよ。でも面白い連載だったんですが、当然毎回「渡辺篤史のお宅探訪」のみについて文章書く万城目さんの方が大変だったわけで1年で終了。万城目さんがそのイラストを気にいって下さり今回そのイラスト(12点)ごと収録されてます。毎回ナベアツ(渡辺篤史)を書き続きけてよかった…光栄なことです。当然装画は別の方ですよ。

一応こんな感じで描いてました。
d0114798_12591918.jpg

このイラストを自分で見てもどんな内容でこれを描いたのか思い出せない…。という意味でも必読ですね。

個人的「お宅探訪」の思い出
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-23 12:26 | ●イラスト仕事 | Comments(2)
d0114798_14363896.jpg

リニューアルされた「レコード・コレクターズ 2010 5月号」の「リイシューCD25年」特集でトビライラストを描かせてもらいました。匠の技術によってテープからCDにリイシューされていた…!というのは事実ですが、「ベタな職人」風情のおっさんでそれをフィクショナルに描いてみました。
d0114798_14482976.jpg

この匠キャラは3年前にも「レココレ」で描かせてもらってて、改めてフィーチャーしてもらいました。編集長の寺田さんも気に入ってくれて、このおっさんに「紙鮭巧(かみじゃけ・たくみ)」という命名まで…。このキャラでの展開が何かしらあるかもしれません!

そしてこんな老舗の音楽雑誌で書かせてもらっているのに音楽(ことに洋楽)を知らな過ぎる俺…すいません!
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-19 14:36 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

『Yen SPA! ’10春』

d0114798_1259565.jpg

『Yen SPA! ’10春』(扶桑社)総力特集「15人のカリスマが導く FXゴールドラッシュへの道」でトビライラスト描かせてもらいました。金塊を手にしたカウボーイ。

自分は水瓶座なんですが今年は金運いいらしいんですけどね…実感はさほど…まぁ星よりも自分自身を信じろってことで頑張ります。俺だけの金塊を…(ってそんなに金に困ってるわけじゃないですが)。
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-17 12:59 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

nico 4月号

d0114798_12473383.jpg

「歯」についての様々な疑問や情報を歯科医さんなども直接答える歯の雑誌『nico』(クインテッセンス出版株式会社)の「お口の中のウソ?ホント?歯科の伝説検証ファイル」第4回目です。

今回は「口の中が乾くので、いつも飴を舐めています」という検証テーマですが…検証テーマというか…いつも飴なめたら虫歯にはなりますよ!

で、飴よりはガムの方がいいかも…ということだそうです。僕もヤンキー時代はよく噛んでましたね(うそ)。
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-17 12:46 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

「犬と、いのち」

d0114798_21284920.jpg

「犬と、いのち」(朝日新聞出版社)文=渡辺眞子、写真=山口美智子、プロデュース&構成=石黒謙吾

モノクロの可愛い犬の写真、詩的な風景描写から始まるこの本。

プロデュースの石黒謙吾さんの著書「盲導犬クイールの一生」はテレビでたまにやってる盲導犬を追うドキュメントのようにいたずらに感動を掘り起こすものじゃなく(あれはあれで泣いちゃうけど)、「盲導犬」と「クイール」のあり方とその人生を丁寧に静かに追っていくものだった。

そういった感じで、犬を愛する石黒さんが新たに出した「犬愛」の本と思ってページをめくっていったら…驚いた。いや、「犬愛」の本には違いない。ただ痛みのともなった愛というか、「犬愛」が深いからこそ、この本を作る辛さ、その覚悟は相当なものだったと思われる。可愛らしい犬の写真が一転して衝撃的で痛々しいものになる。現実のお話。

“「犬と、いのち」”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2010-04-16 21:27 | Comments(2)