川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日からです

d0114798_19442316.jpg

アックス展
Part2「大胆不敵!ダイナミック派作家たち」

11月21日(土)〜12月6日(日)

〈参加作家〉川崎タカオ・菅野修・後藤友香・齋藤裕之介・堀道広


場所/トランスポップギャラリー
京都市左京区田中関田町22-75 
Tel:075-723-1780
営業時間/火〜土 12:00〜19:00 日・祝 12:00〜18:00(月・火定休)


____________________________

明日から始まります。近隣の方、金利の高い方、キリンに似た方などはぜひお越し下さい。僕は3枚描き下ろし、計5枚展示しております。

来年2月に東京は青山のビリケンギャラリーでの巡回展も決定しましたのでそれはまた追ってお知らせします。

あと引っ越し先も決定しました。決定だらけの昨今ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?決定的に準備など面倒くさいすね〜物を捨てるにしても当然曜日が決まってるし、物によっては金かかるしで。まぁ引っ越し先が50LDKなんで全部持ってってもいいんですけどね。そんな決定的なうそはいいとして…最近、鼻毛の伸び方が異常に早過ぎる気がする…どうでもいいすかこの話し…。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-11-20 19:42 | ●イベント | Comments(0)
サム・ライミが「死霊のはらわた」あたりに原点回帰したような低予算風ホラーで、ここのインタビューでも「これはシンプルなお化けの物語なんだよ。」ってサム・ライミが言ってるんだけど、そういう映画だったかな?話しそのものは「リング」っぽかったんで確かにそうっちゃそうだし、それこそシンプルな悪霊VS人間バトルのつもりで観に行ったんだけど…以下ネタバレあり。

“「スペル」観ました。”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-11-13 22:57 | ●映画や演劇 | Comments(0)

怪談ごっこ  第二弾

d0114798_4225732.jpg

9月にやったイベントの第二弾です。今回は前回以上に怖レベルをグっと上げてるようですよ。予約受付中です。

_________________________________________
冬だって怪談しましょう…
『篠本634の“怪談ごっこ”阿佐ヶ谷篇vol.2』

怖い噺収集家のライター篠本634が、収集した珠玉の怖い噺を語るイベントの第2夜。
日刊ウォーカーをはじめとする、多くのウェブサイトで怪談を発表し続ける、彼の“語り”が阿佐ヶ谷を再び襲撃!


出演
篠本634
川崎タカオ(聞き手)

開催:11月29日(日)19時オープン 19時10分スタート

予約800円+1drink
当日1000円+1drink


「よるのひるね 」
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-4 1F
電話 03-6765-6997
http://members.jcom.home.ne.jp/yoruhiru/


予約は電話かメールで yoruhiru@jcom.home.ne.jp

_________________________________________

前回以上に季節外れと言われそうですが、でも前から思ってたんすが、お盆があるから怪談は夏、ってイメージですが、そもそも怖い話しに季節関係ないっちゃないですよね。それに冬の寒々しい雰囲気の方が怖い話しって合ってるって気もするんすけどね。夏の墓場に立つより冬の墓場に立つ方が俺は嫌ですね。なぜなら寒いから、って話し逸れてますね。もっと言えば季節関係なく無意味に墓場に立ちたくないですけどね、って完全に逸れてますね。それはいいとして。

今回も「聞き手」という立場で参加させてもらいますが、前回、特に考えもせずヌーブラ…じゃなくて手ブラな感じで行って何となくやりすごして、自分のすべき事がなんとなくわかりましたが、やってみて改めて篠本君自身のベシャリが立つんでね、このイベントにおいての自分の存在が「俺、いるか?(人間?)」みたいに益々混沌としてますが、まぁ篠本くんの怖い話しの合間合間の空気をブチ壊すべくなんとかやってみますよ。まぁあとアレです、朝まで飲みましょう。

その時期(多分)引っ越し間際で引っ越しにしか興味ないかもしれないんで、引っ越しの話ししかしないかもしれませんが、引っ越しに興味ある方もぜひどうぞ。

今年は色んな面白イベントに参加させてもらいましたが今年はこれで最後ですかねー。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-11-11 04:21 | ●イベント | Comments(0)

日常

d0114798_12164264.jpg

先日、静岡に「漫画少年ドヴァイ」を観にいく。色々爆笑した(特に天久さんのが)。こういう評価もアレなのかもしれないが絵がうまいなー(すなわち表現力が素晴らしい)。

d0114798_1217111.jpg

静岡…

静岡のドライブ・インで観た雑記帳にも爆笑した。
d0114798_12172874.jpg

あんた大丈夫か。
ほんとに気をつけて帰れたのか。


両親の実家へ季節外れの墓参りに行く際にガチャピンを観た。
d0114798_12175347.jpg

表情の感じられるタンクも存在した。あるいはイモ虫…?
d0114798_12181575.jpg


父方の実家で飼っているペットたち。どちらも大人しかった。
d0114798_1220197.jpg

[PR]
by tarbokawasaki | 2009-11-09 12:14 | ●日常 | Comments(0)

素晴らしき下ネタの世界

d0114798_3372260.jpg

大人計画の宮崎吐夢さんと河井克夫さんの絵(映像)と音楽を駆使した…PVというかコントというか一括りには出来ない映像コラボ「何度も店じまい〜今夜で店じまい3rd SEASON」(DVD-BOOK)が発売されました。有名なのは「ペリーのお願い」とか「バスト占いのうた」(今回収録!)でしょうかね。元々1本目から大好きなシリーズでファンでしたが、今回ありがたいことにブックレットで漫画「ミセジマイの怪」4P描かせてもらいました。しかも宮崎さんのご指名!という光栄さで、生きてりゃ良いことありますよ。死んだら死にますよ。

ちなみに収録作品は
__________________________________________
~収録作品一覧~
新作:1.琉球民謡をアナタに(ちんすこうの花)/2.襲名披露/3.IMOKO/4.脱糞する準備はできていなかった/5.マンモグラフィーマンボ /6.ラクラク絵描き唄1/7.動物電話相談室/8.…右大臣? …左大臣?/9.コードナンバー0721/10.サバ読み数え歌/11.異常な正常位/12.俺のアソコに手を出すな/13.琉球民謡をアナタに2(ちん じるまんじる)/14.UMAKO/15.ラクラク絵描き唄2/16.動物電話相談室2/17.ハミ毛、ハミ乳、ハミ中身/18.ストリートミュージシャ ン8/19.大なり小なり/20.ラクラク絵描き唄3/21.キスで妊娠/22.ダンスは閉経のあとで/23.ストリートミュージシャン9/24.チンコ の鎮魂歌

ボーナストラック:25.あの娘の歯周ポケット/26.オ・ン・ナはオナニー、し・な・い・よ・ね(ハートマーク)/27.ユキ細雪の人生相談 /28.Born To Be Not Cherry/29.入退院/30.トムとアトムのエロティックQ&A/31.手錠が邪魔でできません/32.バスト占いのうた

__________________________________________

とタイトルだけでもくだらなく笑えます。収録されてないもので「陰茎がモゲるほど恋したい」というのもあったと人づてに聞いて爆笑しました。この言葉のチョイス、これこそがセンスの良い下ネタってもんじゃないでしょうか。

本編映像が面白いのはもちろんのことブックレット(104P!)も豪華。
__________________________________________
~掲載企画一覧~
・巻頭リスペクト対談『RHYMESTER・宇多丸×宮崎吐夢』
・リスペクト座談会~対談を終えて in カレー屋「デリー」(番外編)『RHYMESTER・宇多丸×しまおまほ×宮崎吐夢ほか』
・特別寄稿マンガ『ミセジマイの怪』川崎タカオ
・小説『世にも卑猥なおじいさんのうた』宮崎吐夢(挿絵人形・光浦靖子)
・緊急特別超リスペクト鼎談『戸川純×宮崎吐夢×河井克夫』
・作品解説『店じまいの世紀に』高橋洋二

__________________________________________

僕の漫画はもちろん「店じまい」がテーマですが、とある街に男がやってきて、そして去っていくというストレンジャーものになりました、なぜか。河井さんはまぁまぁ似たと思いますが宮崎さんは…。

ちなみにネタを色々考えすぎて、ここで使われなかったネタを今号の「アックス」の「待ちぼうけ紳士」に盛り込んでます(だから場所設定がどちらも小料理屋)。合わせて御覧頂くとよりいっそう店じまいですよ。何言ってんでしょうかね。

ともかくまずは当然映像観て楽しんで、その後は作業しつつ音だけでも楽しめるシリーズなんでほんとにおすすめですよ。ま〜何にしても、陰茎がモゲるほど恋したいですね。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-11-08 03:36 | ●漫画 | Comments(0)