川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0114798_1926599.jpg

こ、これは旨い…『江戸甘』@都立家政の醤油つけ麺300g(870円)。ここ最近では東中野の『つけ麺 APPLE BASIC』以来に感銘を受けた。この店は知ってる人は知ってる(当たり前か)『麺や 七彩』という無化調の醤油ラーメンで行列の出来る店で、いつからか忘れたけど夜6時からは『江戸甘味噌』を使った別コンセプトの店としてやってるらしい。昼営業の方は行ったことないけど夜営業(6時〜7時ぐらい)はほどよい混み。

『つけ麺 APPLE BASIC』もそうだけど昨今流行のつけ麺は「魚介とんこつ」で更にノリの上に魚粉がのっかってるような濃い目でドロっとしたつけ汁で、まぁそれはそれで旨いもんもあるんだけど、このつけ麺はオーソドックスな醤油ベース。結構最近では貴重な感じのような。それこそシンプルで旨い醤油ベ−スのつけ汁なんて中野大勝軒ぐらいしか浮かばない(他そんな知らんけど)。で、麺部分にあるノリをつけ足していって風味も増す。麺もモチっとしてて甘味があってつけ汁にちょっとつけて食べるくらいで充分旨い。店自体がかなり近いんでこれは通いすぎないように通いたいと言いたい。同時に俺は今、つけ麺が旨かったことを感慨深げに語ってる場合でもない、と言いたい…つけ汁に油がたっぷり浮かんでいたが、漫画のオチが…浮かばない…。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-26 19:26 | ●日常 | Comments(0)

聞き手

みなさんおなじみ、阿佐ヶ谷『よるのひるね』のイベントに聞き手として出る…参加…なんだ?聞きつつ出ます。

________________________________________
まだまだ夏は終わらない…
『篠本634の“怪談ごっこ”阿佐ヶ谷篇vol.1』

怖い噺収集家のライター篠本634が、
これまでに収集した珠玉の怖い噺を一挙に語る。
日刊ウォーカーをはじめとする、多くのウェブサイトで怪談を発表し続ける、彼の“語り”が阿佐ヶ谷を襲撃する。

まだまだ夏は終わらない。
9月8日7時open…。何かが起こる…。


出演:篠本634  川崎タカオ(聞き手)

前売り800+1drink500 当日1000+1drink500

yoruhiru@jcom.home.ne.jp or 03-6765-6997 よるのひるねまで 

________________________________________

ちょっと時期外れかと思われた方、古い!昭和の人間じゃないんだから。もはや一年365日怖い話しは出回っております。

篠本634くんは学生時代からの友人でその頃から怖い話し好きでした。そこからフィールドワークの様に収集してきた怖い話しの蔵出しとって出しというイベントです。僕は横でオープニングとか合間合間に出て話したりとか…邪魔でしょうか…。「怖い」というのも立派なエンターテイメントの一つなんで苦手意識ある人もこの機会にぜひどうぞ。僕と打ち上げで全然怖くない話ししましょう。

僕自身は幽霊を見たことないし、怖さでいえば一番怖いのは自分の拳の硬さ、発言小町の閲覧時間くらいだったりするんですが、なんとか役目が果たせればと思っております。それにしても覚せい剤は怖い。でもそこに至るまでの「闇」の方がより怖かったりして。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-25 19:04 | ●イベント | Comments(0)
d0114798_542376.jpg

神田にて「神田ラーメン わいず」を映画秘宝編集部・小笠原さんと食す。「らーめんキャベ玉(キャベツ+タマネギ)味濃い目」900円(写真は構図等、ヒドイが)、旨い!けどこれ冬はもっと濃い目だそうでそりゃいいすね。ここはいわゆる「家系ラーメン」で中野にも最近、某家系の店が出来たけど正直いまいち。でもまぁ濃い目で旨い家系は家近にあると通って食い過ぎて死ぬ可能性もあるんでそれはそれでいいか。神田〜神保町には旨そうなラーメン屋が多く、映画秘宝編集部・小笠原さんは僕からしたらラーメン・アスリートみたいな人なんで色々教えてもらいたい。旨いラーメン・つけ麺はやはり旨く、食った後は良い気分すね。

その後、映画秘宝編集部に行くと、とある3部作シリーズの最新作があると聞き驚く。更にそれが3D上映というのも驚き、なおかつそれに関して僕が3年ぶりに対談させてもらういう事を聞き更に驚く(3年前にそのシリーズに関して映画秘宝で対談させてもらった)。こうなりゃ1発、ラーメン・つけ麺食い過ぎで死ぬ運命にも向き合わないといけない可能性も出て来た…ってどんな映画だってのはまた改めて書くとして、とうもろこし食い過ぎでってのもありかな…リアルに言えば酒の飲み過ぎは皆さん気をつけましょう。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-22 05:42 | ●日常 | Comments(0)
もうとっくのとうに発売されてるもんなんですが、友人の漫画家・ライターの田房永子さんが自費出版されてる『むだにびっくり』『むだにびっくり 出会い系編』『おいちわさま』が非常に面白いんでご紹介。入手方法は田房さんのブログからどうぞ(手抜き)。

田房さんは主にエロ系ルポもののお仕事が多く、それでも『著者はやらない新しいタイプの出会い系ノンフィクション』(『むだにびっくり 出会い系編』帯文より)ってことで実際、エグイ人や事象、風俗店、などなど良い距離感をとりながら客観的でいて堅さや冷たさのない文章で、長文でも非常に読みやすいんですよ。女性が読んでも楽しめる丁寧だけど(だからこそか)笑っちゃう描写。それゆえか下品なものを扱ってても下品な感じがしないもんです。

本についての説明は田房さん自身のブログにある解説がわかりやすいので勝手に引用すいません。

d0114798_3172591.jpg

『むだにびっくり』
男性向けエロ本のライターとして、風俗店に潜入する。男たちの欲望に合わせて作られた場所は、「むだ」としか思えないものばかりだった。女として驚きつつも、男性誌には「エッチな所に行って、ムラムラしちゃいました☆」と書かなければならない。「むだ」にびっくりした私の「びっくり」は、その場で「むだ」になっていく。

“面白い文章って面白いですね”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-20 03:14 | Comments(7)
何より驚いたのは監督・ベニー・チャンの底力というか…いや、正直ジャッキー・チャンと組んだ『フー・アム・アイ?』『香港国際警察/NEW POLICE STORY』『プロジェクトBB』等は掛け値なしに傑作だと思うけど、ジャッキー主演ものはどうしてもジャッキーの凄さが前に出てきてしまう。実際現場での統率能力もすごいだろうし。あと個人的にはジャッキーの出てない映画でいえば、『ジェネックス・コップ』は全くノレず、『インブジブル・ターゲット』は、むちゃくちゃ面白かったものの…これはまぁ主演の若手3人の(熱演なんだけど)薄さが気になっただけかな、でもどうしても「ジャッキー不在」を感じてしまった。バカなファン心理とも言えますが。

しかし『コネクテッド』は「ジャッキー不在でジャッキー映画並みの(あるいはそれを越えた)映画が出来る時代になったか!」と思ってしまった。

“ベニー・チャン、かますな〜”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-15 01:40 | ●映画や演劇 | Comments(0)

Twitter2

d0114798_131183.jpg

●これを見るたびに「じゃあ排泄物も流しちゃいけねーのか」…とは思わない。まぁ何人かに1人は考えてそうなことか。

●近所の八百屋でとうもろこしを毎日買ってるせいか幾らかまけてくれるようになった。

●近所に中学生の頃からの友人が住んでる…ということを二年前に知って、最近やっと近所で結構長目に飲んだ。なつかし話しに花が咲く。同じエピソードでも覚えてる部分がそれぞれ違ってたりして楽しい。久々に爆笑した。

●観ているドラマ「赤鼻のセンセイ」「任侠ヘルパー」をそれぞれ二週分見逃す。興味が持続せず…。

●体調がいまいち…。仕事で気持ちが軽くドンヨリ感じることがあった。そのことで色んな感情が渦巻いてなんかボーっとして無駄に時間を消費した…まぁ俯瞰で見たら全然大したことでもないんでサラっと忘れたい。

●不満感が出てるメールってどんよりしますね。こっちもどんよりさせてる事が多いかもしれない。(仕事も含めて)返信をしない人には驚く。

●部屋掃除の基本だかコツだか原則は「まず捨てることだ」ってのは知ってますが、まずはその作業で疲れて中々掃除そのものにいたらない。

●のりピーは初めてファンになったアイドルであり、初めて部屋にポスターを貼ったアイドルだったなぁ…と思ったが、よくよく考えたら初めてファンになってポスター貼ったのは小川範子だった。確か金八にも出てたな小川範子。友人とは「おがのり」という略称で呼んでいた。略せばいいってもんじゃない。

●先週、先々週と「発言小町」が仕事の大いなる妨げになった。昨今のエッセイ漫画ブームや
相変わらず無くならない写真週刊誌などもそうだけど人間は他人の生活を覗きみたいスケベ根性が根本的に備わってるもんなんだろうか。

●定額給付金の申請をまだしていない…。

●JASRACのラジオCM、レベルの低いコント風&ラストに「ちゃんちゃん」と音楽入れるのはいい加減やめていいのでは。というか止めて欲しい。ほんとうに脱力する。BPO(放送倫理・番組向上機構)のCMの「ボク、皆のハート傷つけたりしてないですよね?嘘の情報、伝えたりしてないですよね?子供たちに良くない番組、放送したりしてないですよね?」というセリフが聞く度にイラッとくる。「全然してないよ、大丈夫」と言わせたいのか?してないですよね?じゃなくて「してますか…?どうでしょう?」と確認しろ、と思う。かなりどうでもいいけど…。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-14 01:29 | ●ボヤキ | Comments(0)

サバイバルか…

d0114798_2211455.jpg

『サバイバルの流儀』(山口智司・著/ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)のカバーイラスト&中面トビライラスト4点やらせて頂きました。
d0114798_2193145.jpg

カバー周りグルっと。裏表紙の豆柴イラストが好評なようです。そりゃまぁイラストというか豆柴自体が可愛いですからねー。資料写真をチェックしてる時点で笑いましたからね、あまりに可愛過ぎて。ちなみに表紙のリーマンイラストの評判は聞きませんが…可愛いもんは強いよなー。

中面トビライラスト。
d0114798_2225433.jpg


『サバイバルの流儀』内容など
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-08 02:16 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

線画仕事なども

d0114798_313780.jpg

宣伝ビジュアルをやらせてもらってもう3年目です。大阪市主催の熱い自主映画を発掘するイベント『第6回 CO2(シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション)』。すでに募集中。助成金が50万円から60万円にアップ!

今年のテーマは「未来映画!」との事で、僕と西尾さんの互いの未来感を確認しあった結果「トロン」とかの80年代あたりが限界(ラバーズ)という…でもその辺がバッチリ合ってやりやすかったですが。しかし審査員に鈴木則文監督がいるとはすごいことですね!


d0114798_3135876.jpg

フリーペーパー『FILT vol.40』(マガジンハウス+アルタイル)「世紀のオモシロ珍初体験集」。
d0114798_3142621.jpg

初めてモンローに指圧したマッハ浪越、「最初はグー」のオリジネーターが志村けん(って有名だったのか)、生まれたきっかけは飲みの席…等等。

ちなみにこのお仕事は2006年に雑誌『Number』で描かせてもらったこのトビライラストを見ての発注でした。
d0114798_3144630.jpg

当時、この仕事自分なりに気にいってたんで、これ見ての発注結構あるといいな…と思ってたけど無く…3年たって「初」の発注があり、嬉しかったですね〜って無理に「初」につなげなくていいですか。
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-07 03:12 | ●イラスト仕事 | Comments(2)
香港旅行記2009 初日・前半
香港旅行記2009 初日・後半
香港旅行記2009 二日目・前半
d0114798_1372257.jpg

ってことで、僕(と堀さん)の知らないうちにマカオタワー行き中止になったことにショックを受けつつ(マカオショック)放心状態でカジノ見学。ギャンブルなぁ…それより食事までの自由行動どうしようかな…大阪屋で刺身食いながらビールでも飲んで時間潰そうかな…参ったなぁ…という気持ちでとりあえずルーレットの前へ座る。

“香港旅行記2009 二日目・後半”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-06 01:36 | ●香港旅行2009 | Comments(2)
どんな事にせよ、「ノーリアクション」ってのが一番悲しい。
って書いた日記がノーリアクションだったのは案の定だった…。

久々に仕事が立て込んでて今だ香港旅行記を書き終えてない。どんだけ前だ。

最近やっとTwitterがなんなのか知った。
楽そうなんでここをTwitterとして使用していきます。ブログはどうても長々書いちゃいますからね。

●近所の八百屋ですでに茹でてあるとうもろこしがあるので毎日買う。最高に旨い。

●「任侠ヘルパー」のタイトルは「湯けむりスナイパー」を意識してるのか。

●「任侠ヘルパー」の草なぎ君はどう頑張ってみてもヤクザに見えず、態度の悪いヘビースモーカーにしか見えない。

●「クローズZERO 2」もそうだけど悪い奴がタバコ吸いまくることによる「ワルの表現」はいい加減やめないか。

●もう本屋で勝間和代の顔面を見たくない。

●もうテレビで辻ちゃんを見たくない。

●もう恋なんてしないなんて言わない。

●先日装画をやらせてもらった「サバイバルの流儀」の打ち上げを著者さん、編集者さん、デザイナーさんと。仕事が全然終わってないのであまり飲めませんといいつつ閉店までガンガンに飲んで半日寝て起きて死にたくなった。

●髪が大分伸びた。汚らしい。

●家で仕事してる毎日は変化に乏しい。変化したいのに変化を恐れている所がある。

Twitterもめんどくさいですね。って一気に何個も書くのはTwitterじゃないか。全然Twitterじゃないか。Twitterじゃないかってそりゃまぁここブログだからな。やっぱTwitterとして使用するのをやめます。でもついでにもう1個。

●つけ麺は「ぬるい」のではなく「適温」なんだ、ってことをわかって欲しい。「熱い」か「冷たい」かだけじゃないんだってことをわかって欲しい。わかった気にならないで欲しい。あなたが欲しい。あなたが欲しい。もっと奪って心を…(高橋真梨子「for you…」)
[PR]
by tarbokawasaki | 2009-08-01 21:39 | ●ボヤキ | Comments(3)