川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

根がベースケ

d0114798_1736152.jpg

「アックス 第65号」(青林工藝舎)にて「待ちぼうけ紳士7」8P掲載しております。
一度はやってみたかったジャンル「張込みもの」です。このジャンルにはまだ無限の可能性があるような気がしています。が、無いかもしれない気もしています。今号のアックスは豪華な執筆陣も多く、改めてバラエティに富んだ漫画本だなぁと思いました。

同時にイラスト仕事なんですが「Mac Maniax vol.10」(アスペクト)の表紙&トビラに描かせてもらいました。フィギュアっぽいようなカウ・ガール的な女性を。奇しくもアックスの表紙の吾妻先生の絵とポージングが被り気味なんでいっしょに載せるのもあれなんですが…ただでさえエロくてキュートな女の子(エロ可愛いってのはこういうのを言うんだろう、あの女みたいんじゃなくて)に対して僕が描いたのは必要以上に艶かしくなってしまった。根がベースケ(助平)なせいか…自分的にはこういうS的な女性ってさほどグっとこないんですけどね。

ちなみに「Mac Maniax vol.10」のデザインはパイデザの平塚光明さんで、青林工藝舎のサイトデザインもやられております。かっこいいデザインありがとうございます。
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-10-29 17:35 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

映画観て、ネーム変える

d0114798_4303169.jpg

「裸足のクンフー・ファイター」(1993年・監督ジョニー・トー)を観る。「泣けるカンフー映画」という謳い文句に嘘はなく、主演のアーロン・クォックの出だし無邪気なキャラでホンワカしたクンフー映画かと思いきや、中盤からやりきれない展開の連続で唖然呆然クリビツテンギョウ。

いやーカンフー映画もそりゃラスト・バトルは定番だけど、これはまるで任侠映画の殴り込みのようだった。具体的に言えば東映任侠映画の傑作「博奕打ち 総長賭博」(監督・山下耕作、主演・鶴田浩二)を勝手に想起。任侠映画の「耐える美学」がこの映画では「ルサンチマンが発端の向上心」で、「博打打ち 総長賭博」の鶴田浩二が耐えれば耐えるほど死人が増えていくように、「裸足のクンフー・ファイター」のアーロン・クォックが動けば動くほど状況が悪化。後半は「キャラに思い入れが無いのか?」と勘違いするほどの壮絶な展開。ここから7年後、ギャング映画に姿を変えて「ヒーロー・ネバー・ダイ」で更に壮絶な映画をつくるとは…ほんとにジョニー・トーすげーなぁ。

これを観て、今描いてるマンガのネームのモヤモヤしていたラストを書き直すことにした。ギャグまじりなラストからシリアスなラストへ。地味になっちゃったかなぁ…現時点ではポップなノリで幅広く受け入れられるもんはやっぱ無理だなぁ…とは思いつつ、こっちの方が自分的に納得出来るものになったは確かだ。今はそれで良い。書き直す前のもんが別にポップってわけでもないけど、これはこれで良いと思って下書きまで描いてるんで、単行本にしてもらえるような事があった場合は、DVDの特典映像のように「未収録のラスト」として載せられれば面白いかも、と今思った。
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-10-24 04:27 | ●映画や演劇 | Comments(0)
今週木曜日のTBSラジオの番組、ケンドーコバヤシの「テメオコ」にて「キングオブコント」でグランプリをとったバッファロー吾郎が今週ゲスト出演します。これはスっごい!おとなの時間じゃないか!って時間じゃないか!って話じゃないか!って状態ですがまさかTBSラジオでこんな形で再結集ってのが人生わかりませんね。

“テメオコ、ガバメント・オブ・ドッグス”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-10-21 22:29 | ●日常 | Comments(0)

雑記

単なる雑記です。

“雑記”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-10-14 00:54 | ●日常 | Comments(2)

本秀康さんの新刊2冊

d0114798_2234491.jpg

本秀康さんの最新画集「本本 MOTO book」、絵本「ヘンなあさ」(作・笹公人)が発売中です。「本本 MOTO book」は以前の画集「ハロー・グッドバイ」(河出書房新社)に比べて線画が多い、と御本人から聞いてましたが塗り込み絵もたっぷりあり見応え充分です。あと漫画(元はモノクロで改めてカラー着色されたもの)も多く、読める画集でもあります。やっぱこの人すごいわーと思いましたね。

結構前に雑誌「イラストレーション」(玄光社)での本さん特集に寄せた文章で「本さんはとにかく絵がうまい」と書いたんですが今回も改めてそれを思いました。絵がうまい!

“本秀康さんの新刊2冊”続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-10-07 21:58 | Comments(0)