川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0114798_2005445.jpg

今月発売の『アックス 第61号』で『待ちぼうけ紳士4』を8P描いております。パターンとしてはいつも通り「待ちぼうけ」なんですがこれまでとちょっと違う「動きの無いもの」にしてみました。絵柄もザラついた感じにして。でもまぁいつも通り、くだらないっちゃくだらないオチになってるんでぜひ読んでみて下さい!

「待ちぼうけ紳士」はこれまで、タイトルのコマに「作/画 川崎タカオ」と入れてたんですが、今回は「川崎タカオ」のみです。なぜかというと…「作/画」を入れ忘れちゃいましたー…ってまぁどっちでもいいんですが…。

アンタッチャブル柴田が3月6日からラジオ復活!これは良かった。これに関しては待ちぼうけにならずに本当に良かった…。
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-25 20:03 | ●漫画 | Comments(2)

映画秘宝 最新号


d0114798_4145369.jpg

今日発売の『映画秘宝』でトビライラストを描かせてもらってます。コーエン兄弟の新作『ノーカントリー』の殺し屋役のハビエル・バルデム(首の太すぎる板尾という感じ)のドアップを。もっともっと首を太くするなり工夫が足りなかったかなぁ…と。このイラストページも含め、特集全体のページの地がキャンパス風味という凝ったデザインで救ってもらってます。

ちなみにコーエン兄弟はほとんどの作品、犯罪劇を「コーエン兄弟流」にゆるいコメディとして描いてるわけですが、その「コーエン兄弟流」の部分がいまいち自分と相性合わなくて、意図的な「ハズし」はあるけどゆるさのないデビュー作『ブラッド・シンプル』、ドタバタ活劇のような『赤ちゃん泥棒』、フランク・キャプラ風の『未来は今』等の方が楽しめたりします。いわゆる「オフビート」なもんと相性が悪いんでしょうか。でも『ノーカントリー』は特集読む限りでは「原点回帰の残酷スリラー」(しかも西部劇風味!)らしいんでかなり期待はしております。
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-21 04:15 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

祝・青林工藝舎十周年

d0114798_3393137.jpg

2月15日、新宿厚生年金会館地下の会場で「青林工藝舎十周年パーティー」が行われ、参加してきました。ここまで立派な会場とは思わず完全なる私服で行ってしまいました…(って正装って特にないけど)。300人もの人が集まったようで大盛況でした。『ガロ』時代からかかわる著名な漫画家の方々も多数いて、その歴史と重みを感じました。『ガロ』は終わり頃にスージー甘金さんのアシスタントをやっていた時期なので装丁デザインに関わってたり背表紙のとこに絵を描かせてもらってたり、『アックス』が立ち上がる前の前身号『マンガの鬼』の装丁もやはりスージーさんのとこでやったので、実は漫画を描く以前より関わりがありました。あれから10年。まさか漫画描いてるとはなー。

“祝・青林工藝舎十周年”の続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-17 03:43 | ●日常 | Comments(4)

『CO2』いよいよ

d0114798_0174295.jpg

昨年のこの日記でも書いた大阪市主催の熱い自主映画を発掘するイベント『CO2』がいよいよ来月、3月3日(月)、3月4日(火)、3月5日(水)に開催されます。上画像はチラシですがこれと同じ絵でB2のポスターも大阪市に張り出される…はずです。これとはまた別種のチラシの表紙イラストも書いてますんで会場に行かれる方はぜひ。

このイベントは面白そうです。第1回大賞作品『おちょんちゃんの愛と冒険と革命』(監督・西尾孔志)は商業映画ではそうそう観れないオリジナリティのある傑作だったし、第2回大賞作品『ジャーマン+雨』も後にユーロスペースでも公開された話題作であり、怪作(?)でした。

僕も行く予定で、これ以外にも観たい映画の2本立てがこっち方面でやってるはずでそれも観たいし、うめだ花月でのラジオの公録にも行きたい。あとなんかラーメン食いたい。カプセルホテルってもんに泊まってみたい。あとなんかラーメン…は言ったか、とにかくそれが、それだけが、それのみが今の楽しみなんですが、この時期に大阪に行けないような仕事がバッティングしないことを祈りつつ…以下、いまさらの『ジャーマン+雨』のグダグダ気味な感想。

感想です
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-12 00:32 | ●イラスト仕事 | Comments(2)

日常

d0114798_5255347.jpg

●加湿器を買いました。仕事柄部屋にいることが多く、寒いんでエアコンつけっぱなし。乾燥しすぎてどうも吹き出物が増えてるし、喉が乾くのもよろしくないしってことで。日当りが悪い部屋なんで梅雨の時期用に除湿器もあります。まぁ電力使いっぱなしって感じですがしょうがないよなー。これは必要経費に近いしその辺の経費ケチるのもなんかね。しかし「オフィスに最適」ってものをたかだか6帖の仕事部屋に置いてるんで蒸気が大袈裟に出まくってるように見える。「夜ヒットか…?」というほどに。

更なる日常
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-09 05:24 | ●日常 | Comments(0)
「ごめん」(2002年・冨樫森監督)

「狼少女」(2005年・深川栄洋監督)


どちらも小学生が主人公の切ない傑作です。

“もっと観られるべき邦画たち”
[PR]
by tarbokawasaki | 2008-02-06 00:26 | ●映画や演劇 | Comments(6)