川崎タカオ(川崎貴男)という名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0114798_20504398.jpg

「泣かぬなら殺してしまえホトトギス2〜青春の大バカ野郎」(角川SSC・スネ〜ク著)の装画+中面イラスト10点をやらせてもらいました。ネット上でも、前巻の「泣かぬなら殺してしまえホトトギス〜悪徳業者を涙の海に沈める方法」にしても何かと話題のブログ、「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」発の書籍化、第2弾です。主に青春時代の失敗談を中心にした中々甘酸っぱい(でも笑える)内容です。しかし色んなエピソードがあるしよく覚えてるよなぁ…と思います。何か面白エピソードを引き寄せる引力のある人っていますよね。羨ましいけどそれはそれで大変な人生なんだろうなぁ…。購入したい方は右の「ライフログ」からどうぞ。
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-28 20:43 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
d0114798_18182135.jpg

今回、単行本の装幀&個展用DMのデザインをやって頂くデザイナーの山口明さん(ROCKERS)の事務所のある地、巣鴨へ行ってまいりました。初巣鴨で、噂通りおばあちゃんが多く、おばあちゃん過ぎておじいちゃんだかおばあちゃんだかわかんないおばあちゃんも多くいましたね。で、よく見たらやっぱおじいちゃんだったり。

駅前は割と開けているようでいていきなり空き店鋪がドンとあったりして惹かれますね。ちなみに上画像・左端の空き店鋪は元コンビニで万引きされまくって潰れた店だそうです。「あびる店鋪」というべきか。右端画像は「ぱちんこ」とひらがな表記の看板で味ありますね。おばあちゃんの原宿以外の側面として、山口さんは道行く女性の誰がホテトル嬢かってのが見分けられるようです。相当多いみたいです。近所でUFOも目撃したそうで(うらやまし過ぎる)、その直後にUFO本の装幀依頼がきたり、悪魔と合体する夢をみた翌日に悪魔本の装幀依頼がきたりよくわからないシンクロニティを起こす町だそうです(山口さん自身の持つ磁場がそれを引き起こしてるって気もしますが)。

“ナイス巣鴨(ナイスガモ)”の続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-26 18:16 | ●日常 | Comments(0)
世評が比較的高いけどやはり自分的にはいまいち盛り上がれなかった「デス・プルーフ」。
主演がカート・ラッセルのせいか、この映画を観ている間の物足りない気持ちを「カート・ラッセルといえば、『エスケープ・フロム・LA』(監督・ジョン・カーペンター)は最高だったなぁ…ジョン・カーペンターは『ゴースト・オブ・マーズ』以来、長編を撮ってないけどまた観たいなぁ…」という気持ちで補完していました。で、その気持ちの隙間をどうしても埋めたくて久々に『ゴースト・オブ・マーズ』をDVDで観ました。

“ゴッツゴツのSF「ゴースト・オブ・マーズ」”の続き。長いですが。
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-15 05:42 | ●映画や演劇 | Comments(0)
d0114798_20154698.jpg

昨年「無気力文学」として話題になった「去年ルノアールで」
コミカライズ企画に参加させてもらいました。

携帯サイトで配信です。僕以外にも何人かの漫画化の方々が参加されてます。単なる「漫画化」というより、一話一話が短いのでもろもろのエピソードなどを足したりとか独自の解釈で捉えたりとかいわゆる「トリビュート」企画です。僕も二話分足して違う解釈で描いてみたんで良ければ御覧下さい。

テレ東の深夜でドラマにもなってますが、漫画の方も面白いと思うのでぜひ。
上のQRコードの画像からどうぞ。ただし!ドコモ、au、Softbankどれでも大丈夫なコードですが、本編を見るのに有料(315円)での会員登録が必要になりますので御了承下さい。
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-12 20:18 | ●イラスト仕事 | Comments(0)

ネット連載

d0114798_20114193.jpg

翔泳社「MarkeZine」というサイトの
「ネットコン猿・道明寺猿ノ介が斬る!勘違いから学ぶネット広告&ネット経済」という連載で挿絵を数点描いております。

このコーナーはインターネット上の広告について
編集・執筆業・ブログ評論家の岡部敬史さん
面白く解説してくれております。

不定期連載だそうですんでちょくちょく覗いてみて下さい。
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-12 20:09 | ●イラスト仕事 | Comments(0)
今日は青林工藝舎にてスージー甘金さんと本秀康さんと鼎談して参りました。お二人と話すと、こんな自分にもそれなりの歴史があったんだなぁと思いましたねー。ビール飲んで愚痴ってるだけの人生ってわけじゃなかったんだなぁ。あまりにリラックスして長年のおつき合いのお二人と話してたんで何を話したのかすでにおぼろ気に…まぁそれは来月発売の「アックス」を見て頂くとして、食い物が色々ウマかったー…。鼎談の時にはとうもろこし(大好物)と枝豆があってそれを食いまくり、鼎談終了後に様々な料理を出して頂いて最終的にメインディッシュとしてそーめん(揖保の糸の中での最上ランク)を出してもらうという「夏真っ盛りな食イベント」を満喫させてもった感じでした。ごちそうさまでした!…って食イベントではなく鼎談であり、すでに9月半ばで雨ドシャ降りな日でしたけど…。

しかし9月半ばか…まだまだやらなきゃいけないことは山積みで…噴火しないかなぁその山…って噴火したところで何の解決にもならないんだけど…。実は9月が今年から7週になってたってことも…(チラっとカレンダー見たら)ないか…ほんとにないか…?(カレンダーガン見)ないか…でも…いや、いけるいける。

後々仕事の紹介などもしますんで…。
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-12 00:16 | ●日常 | Comments(0)
六本木ヒルズで見逃した、というかどうしても億劫だったんで新宿での「デス・プルーフ in グラインドハウス」を鑑賞。

“デス・プルーフやラッシュアワ−3のとりとめもない感想”の続き
[PR]
by tarbokawasaki | 2007-09-04 00:11 | ●映画や演劇 | Comments(0)