川崎タカオという名でイラストレーター&漫画家をやっております。メールは…t-kawa@big.or.jpホームページは下の「カテゴリ」を御覧下さい。


by tarbokawasaki

『ザ・万遊記』

d0114798_12572112.jpg

『ザ・万遊記』(集英社)、『鹿男あおによし』『鴨川ホルモー』でおなじみ、万城目学さんのエッセイ集です。

以前『ダ・ヴィンチ』誌にて「今月の渡辺篤史」というタイトルで毎月ひたすら「渡辺篤史のお宅探訪」について書かれたエッセイの挿絵をやらせてもらってたんですが、毎回渡辺篤史が出てきて(当たり前)まぁまぁ大変だったんですよ。でも面白い連載だったんですが、当然毎回「渡辺篤史のお宅探訪」のみについて文章書く万城目さんの方が大変だったわけで1年で終了。万城目さんがそのイラストを気にいって下さり今回そのイラスト(12点)ごと収録されてます。毎回ナベアツ(渡辺篤史)を書き続きけてよかった…光栄なことです。当然装画は別の方ですよ。

一応こんな感じで描いてました。
d0114798_12591918.jpg

このイラストを自分で見てもどんな内容でこれを描いたのか思い出せない…。という意味でも必読ですね。



そういえば自分の「渡辺篤史のお宅探訪」の思い出…以前パソコン作業でイラスト仕事をやっていた時、あと1点という所でパソコンがフリーズ、そして…再起動しても立ち上がらなくなるという恐怖…。夜中に何度ためしても立ち上がらず焦燥感と絶望感。眠れないまま世が明け、呆然とした面持ちでつけたテレビで「渡辺篤史のお宅探訪」が放映されてました。そんな気持ちで見る「お宅探訪」…家建てた上に好きに作れるなんて金持ってやがるなぁ…こっちは仕事がやばいってのに…。渡辺篤史の笑顔を見るにつけ、俺を笑ってるんだろうか…などと、どんどん暗い気持ちになった。「お宅探訪」には何の罪もない。

結局友人のケッソクヒデキ君のおかげでパソコンは立ち上がり、事なきを得たんですが、今だに家買える余裕なんてないのは言うまでもないことですね。まぁ家買う以前に(以前にって買えないし買う予定もないが)、その後すぐにパソコンをもう1台買って今後に備えたという小さいお話でした。そしてその新しいパソコンはその後、ほとんど「ネット見る機」「ポッドキャスト聴き機」として活躍するわけですが、それはまた別の話。
[PR]
Commented by 石黒謙吾 at 2010-04-23 13:18 x
川崎さんの文章、笑っていいのか悪いのかわからず
煩悶しながらも結局爆笑してます。
こういう、ペヤングソース焼きそば…じゃなかったペーソス
溢れる感じが好きです。

「お宅探訪」には何の罪もない。>ツボリマシタ

Commented by 川崎 at 2010-04-23 13:34 x
>石黒さん
ひゃーありがとうございます。
こんな拙文でよければガンガンに笑って頂きたいです!(ってそこまで笑うほどのもんじゃないかもですが)

ペガサス…じゃなくてペーソスに関しては滲み出ちゃう感じなんですかね−。
by tarbokawasaki | 2010-04-23 12:26 | ●イラスト仕事 | Comments(2)